チャオプラヤ川を走るボートに乗ってワット・アルンに行こう JALで行く真冬のタイ旅行 7

f:id:earth63:20170731224253j:plain

こんにちは!アースです。今回はホテルで朝食を食べた後、ホテルのシャトルボートでサパーンタクシン駅へ、そしてチャオプラヤー川の交通機関、チャオプラヤエクスプレスでワット・アルンへ向かいます。

前回の記事はこちら

earth63.hatenablog.com

目次

1.そもそもワット・アルンって?

f:id:earth63:20170731224327j:plain

なんの脈絡もなくワット・アルンという言葉が出てきましたが、ワット・アルンはバンコク市内でも観光のメインになるような仏教のお寺。

暁の寺とも言われるこのお寺は、アユタヤ朝以前には創建されていたとされるお寺でした。元々は普通のお寺だったのですが、タイのトンブリー王朝期に王室寺院に、その後ラーマ2世にの菩提寺となり、現在に至ります。

f:id:earth63:20170731224311j:plain

バンコク市内にある寺院とは違い、ヒンズー教の影響を受けた寺院で、仏塔はヒンズー教の聖地であるカイサーラをイメージして作られたとも言われているそうです。

地図を見るとわかりやすいのですが、ワット・アルンは川沿いにあり、更に周辺には公共交通機関の駅などがありません…。というわけでこちらへは今回乗ったチャオプラヤエクスプレスや渡し船に乗っていくこととなります。

2.ホテルのシャトルボートでサパーンタクシン駅へ

f:id:earth63:20170731225753j:plain

前日から宿泊しているミレニアム・ヒルトン・バンコクのフロントの前を横切り、脇の道を通っていきます。

f:id:earth63:20170731224217j:plain

時刻表はこんな感じ。ただ時刻通りに来た気がしないので気長に待ちます。

f:id:earth63:20170731224221j:plain

早目の時間だったからか、係留されているホテルのシャトルボートに乗ってサパーンタクシン駅へ!

f:id:earth63:20170731224232j:plain

昨日は夜に到着したので昼の船から見る景色は新鮮。対岸にはロイヤル・オーキッド・シェラトンが見える景色です。

f:id:earth63:20170731224225j:plain

チャオプラヤー川沿いのホテルに泊まると川を起点に観光ができてなかなか新鮮でおすすめです。

3.サパーンタクシン駅からチャオプラヤーツーリストボートでワット・アルンへ

f:id:earth63:20170731230812j:plain

そして乗船時間10分ほどでサパーンタクシン駅の船着き場に着くと、チケット売り場があったのでそこでワット・アルンまでの切符を購入。すぐに出発する船に乗ったので40バーツ(約130円)だったかな…。

チャオプラヤーツーリストボートって言うらしいです。何種類かボートがあるのですが、観光地に直行するチャオプラヤーツーリストボートってのはちょい高ですが便利ですよ。

welove.expedia.co.jp

f:id:earth63:20170731224235j:plain

チケットを購入した足で乗船の列に並び、すぐにやってきたツーリズム船に乗り込みます。ただ混雑していて真ん中の席になってしまい移動中の写真はありません。移動中は特に大きく揺れることもなく、乗りやすい船でした。

3.ワット・アルンを見て回ろう

f:id:earth63:20170731224240j:plain

という訳でワット・アルンに到着。

f:id:earth63:20170731224247j:plain

船着き場は結構しっかりしていました。

f:id:earth63:20170731224332j:plain

ワット・アルンへは、入り口にあるチケット売り場で1人50バーツ(約160円)入場券を購入して入場しましょう。

f:id:earth63:20170731224253j:plain

晴れていたので写真に映えます。

f:id:earth63:20170731224307j:plain

ただ、現在(2016年2月)修復工事中?のようで足場がかかっています。本来なら登れたようなのでちょっと残念。

f:id:earth63:20170731224318j:plain

一番大きな仏塔を囲むようにして仏塔が配置されています。

f:id:earth63:20170731224250j:plain

黄金の仏陀も。

f:id:earth63:20170731224323j:plain

装飾は仏教というよりヒンズー教と言ったほうがしっくりきますね。一通り仏塔を見たら、本堂へ移動します。

f:id:earth63:20170731224335j:plain

なぜか無料の水が。いやもらいましたけどね。

f:id:earth63:20170731224340j:plain

タイのプミポン国王が2016年10月に逝去されたのでそれに関連した何かを行っていたのかもしれません。

f:id:earth63:20170731224344j:plain

仏塔の出入り口を出て左にずっと歩いていくと、ワット・アルンの本堂に。少し奥まっていたところにあるので一瞬わかりません。入り口に並ぶ2つの仏像?があります。調べるとインドの叙述誌『ラーマーヤナ』に出てくる「ヤック」(鬼神)と、「モック」(猿神)のようです。ヒンズー教聖典に出てくる2匹?がいるなんて仏教なのかヒンズー教なのか迷いますが仏教の寺院ってことになってます。

f:id:earth63:20170731224347j:plain

こちらは特に何も言われたかったので無料で見学できるようです。

f:id:earth63:20170731224407j:plain f:id:earth63:20170731224410j:plain

中には本堂を囲むように黄金色に輝く仏像が並んでいて、日本ではお目にかかれない異国の空間が広がっています。

f:id:earth63:20170731224355j:plain

敷地の中心には本尊があり、そこにはシャム王国の初代国王、ラーマ2世の遺骨が納められているそうですよ。

f:id:earth63:20170731224358j:plain

本尊の中は靴を脱いで上がるスペースになっていて、扇風機もおいてあり暑さの厳しいバンコク観光で一息つける場所。

f:id:earth63:20170731224402j:plain

戦い?の壁画も描かれています。

f:id:earth63:20170731224352j:plain

建物の装飾にも小さな仏像がずらりと。さすが宗教建築とでも言うべきでしょうか。

f:id:earth63:20170731224413j:plain

本尊を囲むようにも動物の石像が置かれています。と言うか狛犬なのか?

f:id:earth63:20170731224419j:plain

ワット・アルン全体で40分位見たところで、次へ移動します。次回は渡し船でワット・ポーと王宮へ向かいます。